HOME>アーカイブ>直接雇用の契約社員はアルバイトより給料が高い
JOB SEARCH

会社からの直接雇用

期間工は期間従業員とも称され、自動車メーカーや製造メーカー等で頻繁に求人されています。期間工は他のアルバイトよりも、総じて給料が高く設定されているのが特徴です。期間従業員の定義としては、「働く期間が決まっている契約社員」となります。メーカーの工場が煩忙期を迎える時期に、求人が多くかかる傾向があります。一般的な工場作業員は、派遣会社の所属する派遣社員が多くなっています。それに対して期間工の場合は、工場を有する会社からの直接雇用となります。期間工を採用する主な産業は、自動車メーカーや電子部品メーカー、機械工作メーカーなどです。そこではオートメーション作業を割り当てられ、決められた製造ラインを受け持ちます。未経験者でも行える軽作業もあるので、フリーターや期間工初心者でも安心して働くことができます。

ルールを守って快適に働く

期間工は雇用期間が決まっていますが、社会保険などは完備されています。厚生年金や健康保険はもちろん、雇用保険や労災保険にも加入が義務付けられます。給与体系もしっかりしており、残業や夜勤をすれば、その分の給料は適切に支払われます。残業や夜勤では時間外手当や深夜手当が付くので、集中して稼ぎたい人に適しています。また、期間工求人の多くは寮が完備されており、無料又は少額で利用できます。昨今は個室寮も増えており、プライバシーを確保しながら働けるようになりました。寮には原則として賄いが付いていますが、賄いが無い場合は食事手当てが支給されたりします。期間工はメリットが大きい働き方ですが、働く側としては一定の心構えが求められます。工場や寮では集団行動となるので、秩序を守る必要があるからです。期間工はルールさえ守れれば、快適に働くことが出来ます。

広告募集中